東京みどりの食料システムEXPOロゴ

東京開催

会期2024年35日(火)~8日(金)10:00~17:00(最終日は16:30まで)

会場東京ビッグサイト MAP

みどりの食料システムEXPO 出展者セミナー

会 場:東1ホール主催者事務室

聴講無料

定員:50名

事前登録制

残席があれば当日受付も可

(敬称略)

3/5(火) 13:00~13:40

暮らしや事業にデザイン変革をもたらす循環型社会・サーキュラーエコノミーを考える

株式会社日本能率協会コンサルティング
SX事業本部 サステナビリティ経営推進センター
シニア・コンサルティングプランナー 江原 央樹

世界では、人口と廃棄物が今増加の一途をたどり、ごみが溢れ、温暖化は進展し地球の持続可能性が危ぶまれています。
日本では、人口減少により廃棄物は減少傾向にあるものの、気候変動、輸入原料の需給ひっ迫や円安による物価高が経済や暮らしを脅かし、エネルギー・原料・食料自給率向上への取組みの重要性が増しています。
そこで今注目されている廃棄物ゼロ社会を目指すサーキュラーエコノミーについて先進的な取組みをご紹介します。

【自治体講演 動画】

京都市における食品ロス削減に向けた取組について

京都市 環境政策局 循環型社会推進部
資源循環推進課 2R推進係長 野村 直史

【企業講演】

食の循環を目指した、京都市との取り組み

株式会社Mizkan 営業本部
営業企画部 営業企画3課 課長 森田 浩正

3月6日(水) 12:00~12:40

暮らしや事業にデザイン変革をもたらす循環型社会・サーキュラーエコノミーを考える

株式会社日本能率協会コンサルティング
SX事業本部 サステナビリティ経営推進センター
シニア・コンサルティングプランナー 江原 央樹

【企業講演①】

びんリユースで循環型社会の形成へ

株式会社吉川商店 代表取締役 吉川 康彦

【企業講演②】

サブスクで実現する「モノを持たない」新しい暮らし

株式会社クラス 法人事業本部 プロジェクト推進部 マネージャー 米沢 悠

3月6日(水) 16:00~16:40

山道 弘敬

農薬削減の決定版「農薬減太郎ソフト」と作物簡易乾燥システム「空っ風君」による保存性の増強について

株式会社TOMTEN 代表取締役社長 山道 弘敬

収穫前の作物では、オランダ生まれの「農薬減太郎ソフト(ファームインテリジェンスシステム)」の病害予察情報が、必要最小限の農薬で最大の防除効果を可能にします。
収穫後の作物では、収穫直後の「空っ風君」作物簡易乾燥システムが、エアーレーション防除で急速乾燥により菌数を低下させて、キュアリングを促進することで作物の保存性を増強します。
この二つの先端技術が緑の食糧システム戦略を強力に後押しいたします。

3月7日(木) 12:00~12:40

北垣 卓

北垣 卓

脱炭素だけじゃない食品エコ指標。あなたの商品に更なる魅力を。
<サステナブルな食と農を次世代につなぐ>

クオンクロップ株式会社 代表取締役 北垣 卓

食と農の世界は、脱炭素だけではなく生物多様性など様々なサステナビリティ課題に直面しています。他方で、商品数の多さやバリューチェーンの複雑さなどから、商品単位でのエコスコアの可視化は進みづらい現状があります。結果として、食材名で判断された一部の食材が全体として忌避されたり淘汰される動きにも繋がってしまうと考えています。
Myエコものさしは、10を超える食品エコ指標で、食材や食品のエコスコアを可視化します。
食と農に関わる皆様の工夫や努力を形にして世界に発信していくことで、私たちが享受してきた多様な食文化を持続可能な形にして次世代に繋ぎませんか。

招待状をお持ちの方は 招待状に掲載の事前登録を済ませていただき、「来場者マイページ」よりご希望の出展者セミナーをご登録ください。

来場者マイページ

招待状をお持ちでない方は 「みどりの食料システムEXPO 招待状請求フォーム」より招待状をお申込みください。

みどりの食料システムEXPO 招待状請求フォーム

農業技術革新・連携フォーラム分科会J-PAOサミット
~日本農業の将来を語る~

会 場:東1ホール主催者事務室

3月7日(木) 14:00~16:00

【第1部 14:00~14:40】

木之内 均

日本農業の将来展望

東海大学九州キャンパス長 木之内 均

【第2部 15:00~15:40】

加藤 久

農業とスポーツ、食と教育

サッカー指導者、元サッカー日本代表 加藤 久

※プログラムは予告なく変更となる可能性がありますので、予めご了承ください。